私の頑固なくせ毛

MENU

私の頑固なくせ毛

私がくせ毛を気にするようになったのは中学生になった頃です。
中学生になり伸ばしていた髪の毛を肩まで切りました。それまではポニーテールだったので、くせ毛を気にした事はなかったのですが、
短くなって髪をおろしている事が多くなり、初めて自分のくせ毛に気付くようになりました。
私のくせ毛は雨の湿気で広がってまとまらなくなるので梅雨の時期は最悪です。私は特に毛先のクセが強く、顔が大きく見えるような気がして嫌でした。
高校生になってからは、自分の小遣いを貯めてヘアアイロンを買い気になる所をストレートにして学校に通っていました。
それでも夏場の汗をかく時期や梅雨の雨がよく降る時期にはすぐにクセが出てきてしまい元通りになってしまいました。
大学生になってからはストレートパーマをかけてくせ毛を矯正していましたが、ある時、自分のくせ毛の悩みを友達に話す機会があり、
パーマをかけているようで羨ましいと言われました。
それからは自分のくせ毛を隠すのをやめて、パーマをかけているかのように振る舞っています。