くせ毛を受け入れて、ありのままの自分に

MENU

くせ毛を受け入れて、ありのままの自分に

私の髪の毛は「昭和のアイドル」のようなくせ毛です。
全体的にボリューミー、前髪は横に流れ丸まり、髪の先はあちらこちらにはねてしまいます。
しかも、前髪の内部だけなぜか縮れ毛なので、前髪だけモコっと膨らんでしまうのです。

 

15歳頃、思春期の頃はあまりのボリュームに悩み、真夏でも毛糸の帽子をかぶって眠ったものです。
そうすると、朝は髪の毛がぺったりとしてくれます。いま考えると汗でぺったりしていただけなんですが、それでも嬉しかったんです。
しかし、いつも一時間目にはもとのボリュームに戻っていました。

 

実はくせ毛対策として、アイロンで直していた時期もありました。
でも、くせ毛の方はご存知だと思いますが、アイロンて時間がかかるわりに持続しないんですよね。しかも、自転車をこいだりするとすぐにとれてしまう。
よくCMをしてるストレート用のスプレーなんて全然効かないです。
それでも思春期の頃は毎日アイロンを頑張っていました。

 

いまも私はくせ毛です。
縮毛矯正をかけていたときもあったのですが、くせ毛が頑固すぎて長持ちしないので、やめました。

 

いまは髪を伸ばし、髪自身の重さでボリュームを抑えています。
前髪も顎までのばしたところ、くせはつよいですが、ある程度まとまってくれました。
また、ありがたいことに、くせ毛風パーマが流行っているのでそれに乗っかっています。毛先をよりくるくるさせて、逆にくせ毛を生かす髪型にしています。

 

くせを殺すのではなく生かすやり方にシフトチェンジしたところ、気持ち的にも経済的にも楽になりました。